製品の魅力を最大限伝える。アンカー・ジャパンのWebデザイナーのこだわりとは

2018年にローンチしたAnker Japan公式サイトはECサイトとしての機能に留まらず、コーポレートや各ブランドの情報発信・カスタマーエクスペリエンスの提供・採用活動等、アンカー・ジャパンの活動全体のハブとなっています。Anker Japan公式サイト制作を担うインハウスWebデザイナーに話を聞いてみました。


デザイナーの域を超えるアンカー・ジャパンでの職務
DSC00842-Edit

Jona / ジョナ 
大手企業から個人商店まで幅広いクライアントをもつWeb制作会社でWebデザイナーとして経験を積み、2021年にアンカー・ジャパンへ入社。Anker Japan公式サイトのデザイン、コーディングなどの制作や運用に携わる。
※親しみを込めていつもの呼び名(ニックネーム): Jonaで本文章を作成しております
※インタビュー当時の部署・役職で記載しています
 
 

Jonaは現在、WebデザイナーとしてAnker Japan公式サイト全体の制作を担当しています。アンカー・ジャパンでのお仕事について深掘りしてみました。

Jona「主にAnker Japan公式サイトの新規ページ作成、既存ページの改善、新製品や注力製品のランディングページ等の作成をしています。制作はWebデザインだけでなく、コーディングも担当しています

アンカー・ジャパンでの”Webデザイナー”の仕事は、一般のデザイナーよりも幅広い業務を経験することができることが面白さだとJonaは言います。

Jona「Web制作業界は分業が主流で、デザイナーはページデザインやバナーの作成等を担当し、コーディングはエンジニアの方が担当するのが一般的です。アンカー・ジャパンのデザイナーは、前者のみに留まらず一般的にはエンジニアに任されるようなコーディングまで一貫して経験できる幅広さがあります

 

デザイナーとして力試しをしたい。転職のきっかけとなった思い

アンカー・ジャパンが3社目となるJonaは、前職でコーディングとWebデザインの両方を経験してきました。

Jona「1社目はWebデザイナーとして入社しましたが、様々な業務を経て主にコーディング業務を担当していました。デザインへの興味が強かったので、2社目ではWeb制作会社に入り、Webデザイナーとしてページデザイン、UIデザイン、バナー作成をメインに担当しました。結果的に前職の2社でコーディングとデザインのどちらも経験できたことは、自分自身の業務範囲を広げるという観点でプラスになりました

コーディングとデザインの両方を経験をしたJonaが転職を考えるきっかけとなったのは”今の自分はどこまでできるのか、力試しをしたい”という思いでした。

Jona「これまでは上司が自分のアウトプットを1つ1つ見てフィードバックをくれる環境でした。もちろんフィードバックから学ぶことは多く貴重な経験でしたが、別の環境で”今の自分の力”がどれだけ通用するのか力試しをし、自分のキャリアを更にジャンプアップさせたい、と強く抱くようになりました

 

DSC00669-Edit

入社の決め手はブランドの方向性と社員の人間性

こうして転職を考え始めたJonaですが、数ある企業の中でアンカー・ジャパンに入社を決めた理由は何だったのでしょうか。

Jona「アンカー・ジャパンに決めた理由は2つ。1つは、自分の好きなデザインとAnkerグループのブランドの方向性が合っていたことです。装飾にこだわり派手に見せるのではなく、スマートで洗練されたデザイン。私自身、必要以上に着飾ることはせず、製品の機能面を無駄なく伝える、というデザインが好みなので、Ankerグループのブランドと一致していました

デザイン面だけではなくアンカー・ジャパンで働く人にも魅力を感じたとJonaは言います。

Jona「デザイン性だけでなく、アンカー・ジャパンで働く人も決め手の1つです。選考の過程で話した人たちの人間性がとにかく素晴らしかったんです。もともとAnkerグループのことはブランドとして認知しており、製品自体に良い印象がありました。実際にアンカー・ジャパンで働いている社員の方と接したときに、本当に話しやすくコミュニケーションのスムーズさにも魅了され、一緒に働きたいと強く思いました


プロフェッショナル意識とこだわり

製品デザインの方向性と実際に働いている人の魅力で入社を決めたJonaは、アンカー・ジャパンで働き始めて約1年になります。どのような点にこだわりを持って日々の業務に取り組んでいるのでしょうか。

Jona「消費者目線のデザインにはこだわりを持っています。無駄を削ぎ落として機能面をストレートに伝えるデザインは、『高級で値段が高そう』という印象を抱かれがちです。洗練された製品の印象を伝えるだけであれば問題ありませんが、Ankerグループの製品は生活に寄り添ったものが多いので、そこに親しみやすさも必要です。常に消費者目線に立って受け入れられやすいデザインを考えています

消費者目線のデザインとは具体的にどのようなものなのか。Jonaはこう続けます。

Jona「例えば、アンカー・ジャパンのWebサイトを訪れる人は既に製品に関する知見を持っている方が多いです。そのためハードウェアに詳しい人でも納得できる言葉の表現やAnkerグループ製品の品質の良さを感じられる質の高いデザインを作成するのは前提です。しかし、ただ情報量を多くすればいいというわけではありません。消費者目線で必要な情報を取捨選択し、高品質と親しみやすさの適切な塩梅を考える。このバランスに特にこだわっています


 

DSC00793-Edit-1

アンカー・ジャパンで得られる裁量権と働きやすさ

日々、プロフェッショナルとしてのこだわりを持って働くJonaですが、Webデザイナーとしてアンカー・ジャパンでの業務の魅力についてこう語ります。

Jona「1番の魅力は裁量権です。アンカー・ジャパンにはWebディレクターなど、デザインの方向性を一任されているポジションは現状ありません。時にフラットな視点でデザインを見れる他の部署の方から意見をもらいつつ、自分自身で正解を決めながら進めていく必要があります。それらは裁量が与えられていることを意味し、自走する力が身につくことが他の会社と大きく異なるポイントだと思っています。その過程で他部署の方とのかかわりをもって進められることも、楽しさの1つだと感じています

業務面だけでなく、働く環境面でもアンカー・ジャパンには魅力があるとJonaは言います。

Jona「合理的かつ柔軟な働き方ができることも、本当にありがたいと感じています。フルフレックスでテレワークも可能なので、一人で集中したいと考える人は自宅で仕事を進めることができます。一方、コミュニケーションを取りながら仕事を進めていきたい場合は出社してオフィス勤務が可能です。このような選択肢があり個人が自由に選択できるのは、合理性にこだわるアンカー・ジャパンならではと思いますね


製品の魅力を伝えたい、という想い。アンカー・ジャパンに適したWebデザイナーの人物像とは

複数の会社でWebデザイナーとして従事してきたJonaは、アンカー・ジャパンのWebデザイナーに適している人物像をこう語ります。

Jona「シンプルに製品の良さを伝えたいという純粋な思いを持った人がアンカー・ジャパンに適しています。Ankerグループ製品は、品質も機能も優れているため、デザインする際に華美な装飾を加えて誇張するより、無駄を削ぎ落として製品の魅力を伝えることが重要です。製品の良さを伝えるという目的を忘れず、合理的に考え、製品の魅力を伝えるデザインを考えられる人が、アンカー・ジャパンに適している人材だと考えています

アンカー・ジャパンでは、自ら裁量を持ち幅広く業務にトライしていきたい方へ働きやすい環境を整えています。製品の魅力を伝えたい、という純粋で熱い思いや成長意欲に溢れた方のご応募をお待ちしています。



アンカー・ジャパンでは事前申込み不要でご参加いただける30分間のオンライン会社説明会を毎週木曜日に開催しております。
事業・組織・カルチャーについて紹介しておりますので、まずはお気軽にご参加ください。